眼精疲労を予防する

me.jpg
眼精疲労は肩こりにも繋がり、視力の低下をもまねきます。
仕事にはパソコンがつきものだし、家に帰っても見たいテレビがあったり読みたい本があって、目を休める暇がない・・・という人は、予め眼精疲労を予防するのがよいでしょう。
たとえば、職場のパソコン環境を変えてみましょう。画面とキーボード・資料などを少し離して置くことで、画面にじっと見入っている時間を減らし、疲れを予防します。
他に、テレビにたくさんの光が写り込まないようにカーテンや電灯を工夫したり、本を読む時は目に優しい色の電灯の下で読むようにすると、目は疲れにくくなります。

その他にも、短い時間で目を休ませるのもコツ。
お風呂の時間や寝る前に、必ずアイピローで目を暖めるようにする習慣をつけるだけでも、目の疲れはかなり癒されます。
お風呂場やベッドに、すぐ使えるようにアイピローをおいておくのも良いかもしれませんね。

普段から目を大切にし、なるべく快適な生活を送るように心がけましょう。